新型コロナウイルス感染症の対応と受診時の注意点について

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

平素より当院の運営にご協力いただきまして、誠にありがとうございます。

コロナウイルスワクチンの普及に伴い、全国的な感染者数の減少がみられています。しかし、今後も注意は必要ですので、引き続き以下のような対応をとりたいと存じます。
また、当院受診時の一般的な注意点をあわせて示します。

1.待合室での混雑を緩和するため、土曜日や平日17時以降の受診を避けてください。

2.コロナウイルスワクチンを2回接種し2週間以上経過した方は通常通り診察します。
当院を受診される患者さんの感染リスクを減らすため、ワクチン未完了で2週間以内に関東圏、関西圏、中京圏、福岡県、または海外にいらした方の受付・診察は行いません。
緊急の場合は総合病院を受診してください。

3.発熱のある方の受付・診察は行いません。

4.マスクをしていない方の院内への立入りをお断りします。受付・診察も行いません。
院内では咳エチケットを守り、静粛にしてください。

5.診察順は受付順とは限りません。

6.顔の診察をご希望の方は化粧(下地含む)をしないでください。

7.当院は病院ですので、診断・治療(処置)・処方を一体のものと考えています。処置では毎回患者さんごとに新品の手袋を使用しています。

8.受付時間内にいらしても、混雑状況によっては受付をお断りすることがあります。

9.上記の注意をご理解いただけない方の診察をお断りすることがあります。

ご不便おかけしますが、何卒よろしくお願いいたします。

片桐皮膚科医院
院長 片桐美之

 

2021年11月1日